100 Happy Challenges

普通の毎日をちょっと楽しくするための挑戦

Challenge5 本を読む

よく母親から「あなたは、本が好きな子供だったわね」と言われるのですが、その度に耳を疑ってしまいます。だって、つい最近までの私という人間はインターネット上のコラム記事こそ読めど、本については仕事で必要に迫られない限り触れもしなかったのですから。

ある時、ふと自分がいつから読書嫌いになってしまったのかを考えてみると、その原因は大学時代にあるように思いました。

私は大学4年間をアメリカで過ごしました。アメリカの大学は「入学するのは簡単、卒業するのが難しい」などと言われています。確かに、アメリカの大学受験では、英語さえマスターしていれば、日本の大学受検のように睡眠時間を返上する勢いの猛勉強は必要ありません。ですが、高校3年間を通した成績や諸活動、エッセイの内容、SAT(アメリカ版センター試験)の点数を総合的に評価されますし、人気のある大学は受験者数も多いですから、一概に簡単とも言えないかと思います。

それでは、「卒業するのが難しい」というのはどうでしょうか。これも、一概にそうとは言い切れないのではないでしょうか。というのも、普通に授業に出席し、毎度の授業で出される宿題をきちんとこなしさえすれば、卒業は十分可能だからです。死に物狂いで勉強しないと合格できない国家試験並みの卒業テストがあるというわけではありません。

しかし、その「宿題」というのがなんとも厄介。量が想像以上なのです。例えば、次週の授業までに100ページ近いリーディングを課せられ、その上、それについて3ページの小論文を書いてこいなんてこともざらにあります。しかも、その小論文は学校のイントラネット経由で提出する際に、ネット記事や書籍、過去の小論文などから盗用していないかシステムでチェックされるため、ズルをすることもできません。かつ、成績もシビアにつけられるのですから、たまったものではありません。

こんなでしたから、私の意志にかかわらず、大学4年間はトルストイに始まり、最新の学術本に至るまで読んで、読んで、読みまくりました。では、これらの知識が今、私の記憶にどれだけ残っているのでしょうか。答えは、「全く」です。覚えているのは、心理学の父フロイトの発想が、一般人の私には変態じみたものに感じたことくらいです。しかも、この強制読書の嵐は、私をすっかり読書嫌いにするという副作用までもたらしてしまいました。大学卒業後は、めっきり活字から離れ、本屋に入るにしても、文具コーナーと実用書コーナー(主に、料理、ダイエット、旅行ゾーン)をうろうろするだけでした。

そんな私に転機が訪れたのはニューカレドニアに旅行に行った時のことです。ニューカレドニアは、もともとフランス領であったため、フランスからバケーションに訪れる人で溢れかえっていました。私が宿泊したホテルも、宿泊客の8割がフランス人でした

ニューカレドニアは美しい海に囲まれていて、天国のようなビーチが数多くあります。私は、そこで日本人らしく(?)シュノーケリングに明け暮れてみたり、ほろ酔い気分でうたた寝をして真っ黒に日焼けしたりしていました。ふと、周りを見てビックリ!優雅に砂浜に横になりながら、ペーパーバックの本に読みふけっている人ばかりではありませんか!私には、その姿はなんとも衝撃的に映りました。だって、日本の湘南のビーチで、ビキニ姿で読書をしている人を見たことありますか?

しかも、そのフランス人が太陽の光を浴びて読書する姿が本当にかっこよくて、そして、何よりも楽しそうに見えたのです!感化されやすい私は、成田空港で念のために(どうせ読まないだとうことを薄々感じながらも)買った本に手を伸ばし、フランス女性になりきって、ビーチベッドにもたれながらページをめくってみました。すると、これまたビックリ!読書ってこんなに楽しいのかと衝撃を受けました。ビーチを満たす心地よい風が、日頃から蓄積させていた私の頭の中のモヤモヤを、すっとさらって行ってくれるような感覚でした。なんだか、目の前が開けて、景色がより一層キラキラして見えるような気さえしました。

「読書は、あなたに羽を与えてくれる。自由を与えてくれる。読書を通して、本の中に描かれている世界を自由に飛び回ることができるのだから。」といような話を聞いたことがあります。まさに、(自主的な)読書は、退屈な日常から私たちを連れ出して、行きたい時代、行きたい世界のどこにでも連れて行ってくれる、そんな存在だということに気付かされました。

私が成田空港で何気なく手に取った「パリのアパルトマンから」という本は、私をパリの人々の生活の中に連れ込んでくれ、彼らの人生を楽しむコツを垣間見してくれました。思えば、私のフランスへの憧れは、この本とニューカレドニアで見たフランス人の姿から始まりました。そして、パリジェンヌの生活に刺激を受けた私は、日本に帰国してからも、「どうしたら、パリジェンヌみたいに、この生活をもっと彩り豊かにできるかしら」なんて考え始めるようになり、バケーション前よりちょっとだけ日常を楽しめるようになった気がします。

それからは、会社が嫌になった時は「ちょっと今から仕事やめてくる(北川恵海著)」を読んで、妄想の中で一旦会社を辞めてから、脳を現実に引き戻して実際はどうすべきかをふと考えてみたり、「パリからの美味しい話(戸塚真弓著)」を通して料理上手の人生を歩んでみたりして、日々の生活から少し離れた経験をすることが出来るようになりました。本の中で描かれる人生の数々を体験すると、本を閉じて現実社会に戻ってからも、新しいレンズを通して周囲を見るようになり、生活に新しい色が追加されていきます。そうすると、生活に隠れた小さな感動や楽しさをより敏感に見つけることができるようになるからこそ、読書はやめられません。